Skip to content

自力で目を大きくする方法

プチ整形で目を大きくする人が増えています。

部分的とはいえ手術であることに変わりはありませんので、人によっては痛みが強いと感じたり、術後に副作用が出たりすることがあります。それに、美容行為は保険が効きかないので費用もかかります。それでも目を大きくすることに重要性を感じる人は多く、整形外科を受診する人は減ることがありません。

日本人の目は欧米人と比べて目の開き具合が小さく、目頭の瞼が重いためにパッチリとした印象にならない人が大半です。整形手術では、この目頭の瞼のところを持ち上げるようにすることで目が開きやすくなり、結果的に大きく見えるという方法が取り入れられています。

つまりは、自力で目を大きくする方法として、この目頭部分をどうにかすることで印象が変わるということなのです。自力で目を大きくする方法でよく使われている、アイテープなどの二重を作る商品があります。

これは二重のシワを専用のテープやノリで形成することによって、目を大きく開かせるようにするものです。難点は、二重の幅が上手に左右対称に作れなかったり、時間が経つと剥がれてしまうことが問題です。それに、付けていることが他人にバレてしまうのも気になるとことです。

おすすめは、寝ているときや家にいるときにだけ二重にしておくという方法です。自力で目を大きくする方法は、二重の癖付けに限ります。寝起きの顔に寝具の跡が付くように、二重を作った状態を長い時間保つことで、アイテープなどを取った後でも二重の跡が癖付いてしまうようにするのです。時間はかかりますが、お手軽で安全であることは間違いないでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *