Skip to content

自力で目を大きくする方法

自力で目を大きくする方法の一つとして、目の周りをマッサージするというのがあります。

以下にその具体的な方法を3つ書きます。まずツボ押しについてです。目の周辺のツボは7個あります(両目合わせて14個ということになります)。眉の外側と中央と内側で3つ、目の外側と目のすぐ下と目の内側(目頭)の3つ、目から少し下の頬のところに1つです。

この中でも特に眉の内側と目頭と目のすぐ下を中指か人差し指で自分が気持ちよいと感じるところまで強めに押します。これを続けることで目が大きくなるのが実感できます。次に目元マッサージについてです。スキンケアの最後に乳液やクリームを塗った状態で以下のことを行うとよいです。

1.目尻を起点に目の下から上まぶたのくぼみに沿って、円を描くようにマッサージする。
2.目頭から目尻までやさしくマッサージし、こめかみを押す。
3.そのまま耳の前まで指を滑らせ、リンパ部分を押す。
4.フェイスラインから首筋を通り、鎖骨下のツボを少し強めに押す。
5.1から4を3回くらい繰り返す。

最後に、額マッサージ方法についてです。関係ないと思われるかもしれませんが、額のコリや血行不良が目元にも影響を及ぼします。目元のマッサージ同様に額をマッサージしてほぐせば、より効果が高まります。以下にその具体的な方法を書きます。

1.額の中央に指先を置き、円を描きながらほぐす。
2.人差し指と中指を使って眉上から眉に沿って額と眉全体を通るように外側に円を描くようにマッサージします。
3.最後にこめかみを押さえ、頭頂部に向かって大きく円を描くようになでます。

以上が自力で目を大きくする方法です。最後に注意点ですが、上のようなマッサージを、力を入れすぎたり強くこすってしまうとたるみの原因になるので、くれぐれもやりすぎには注意しましょう。自力で目を大きくする方法として他にはアイプチやメイクを工夫することも考えられます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *