国の垣根を越えて仕事をするには英語が話せないと厳しいです。

世界の共通言語として英語が最も注目されていて、日本でも英会話教室やオンライン英会話などが流行しています。語学力を短期間で伸ばす方法として一番効果的なのは、日本語がまったく通用しない土地で、一人で生活していくことが一番効果的といわれています。

例えば英語を習得したい場合、単身でアメリカに留学するのが一番良い方法です。できれば周りに日本人や日本語を話せる人がいない状況を選びましょう。身の回りに日本語が理解できる人がいると、自然と日本語を使う癖が付いてしまいます。

英語しか話せない状況はストレスが溜まりますし、最初のうちは歯がゆい気持ちになると思いますが、それを乗り越えれば大きく成長することが出来ます。日本人が一人で語学留学をした場合、言葉の壁にぶつかることが多いですが、アメリカ人や英語を話すことができる国の人が必ずサポートをしてくれます。

海外の人と上手くコミュニケーションを取るコツは恥ずかしがらず、こちらから積極的に話しかけることです。こちらから受け入れて欲しいという雰囲気を醸し出せば、相手も必ず応えてくれるのが海外の特徴です。

アメリカ留学をした人の体験談で良くあるのが、日本人の特徴である謙虚な姿勢が裏目に出てしまうということです。謙虚なことはよい事ですが、海外ではシャイで相手と距離をとっているという印象に繋がってしまいますので注意をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です