海外に行って語学の勉強をしたい。外国人の友人をつくる。

留学をする理由はいくつかあります。代表的な留学先としてあるのはアメリカです。アメリカに行くのなら、準備として日常会話レベルの英語は習得しておきたいところでしょう。英語で必要なのは、聞き取りと読み取り、しゃべり、書く能力の4つです。英語学習ではまず、聞き取りと読み取りの能力から鍛えていくのが効率的です。アメリカ留学をしたい時、まず不安なのが生の英語を聞き取れるかどうかだと思います。

聞き取りの能力は、知っている単語数によって左右されます。大学入試レベルである5000語は最低限、完璧にしておきたいところです。単語を完璧にしたら、次に耳を鍛えましょう。しゃべる人によって速さや発音など聞き取りやすさが違います。なので多くの英語スピーチやニュースを聞き、耳を慣れさせておきましょう。しゃべりと書く能力が心配な方は、大学入試レベルの文法を最低限やっておくと安心です。

伝えたい言葉が分からない時でも、文法さえしっかりしていれば伝わります。留学先で生の英語に触れていれば、徐々になれてきて自然と言葉が出てくるようになるでしょう。書くのとしゃべる能力は経験を増やすほど上達していきます。初めての海外留学には不安がつきものでしょう。事前準備として英語を勉強しておくことは、少しでも不安をなくすための助けとなります。最低限の単語と文法を完璧にすれば、外国人の友人を作ることも難しくなくなるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *