英語を学ぼうと思った時に、留学先としてどの国を選ぶのかは非常に重要なポイントとなります。

英語圏というだけでも、イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリアなどいくつかの候補がありますが、自分が何を学びたいのか何を求めてるのかによって、その行き先は違ってくるでしょう。ここでは、アメリカ留学のメリットとデメリットについてまとめて見ました。アメリカの良さとしては移民が非常に多い多民族国家であるため、アジア人である日本人に対しても寛容な国と言えることです。

外国人として特別扱いされることも少なく、現地に比較的早く馴染みやすい環境と言えます。次に、留学先となる大学や学校の数が他の地域に比べて圧倒的に多いので、自分の学びたい分野や将来に向けての適切な進路先を選ぶことが可能となります。一般的に渡航滞在費用が高いイメージのアメリカですが、実はロサンゼルスのような大都市から少し離れた片田舎の学校を選べば、リーズナブルな予算の学校を探すことも可能なのです。これは、広大な国土を持つアメリカならではの利点と言えるかもしれません。

また、留学生を受け入れるホルトファミリーの数も非常に多いので、生活費をあまりかけずに長期滞在をすることもできます。デメリットとしてはやはり治安の問題です。大都市ともなれば犯罪やトラブルに巻き込まれるリスクも高くなりますので、自己防衛をすべく細心の注意と心がけをしておく必要があるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *