アメリカ留学をすれば、英語の能力を何段階もアップさせることができます。

日々の生活を日本語ではなく英語でこなさなければならないので、必然的に能力が上がっていくのです。アメリカ留学に出発する前から英語の能力を身に着けていた方が、現地に行ってからの学習効果の伸び率が変わります。自分の言いたいことを簡単な英語で言えたり、相手の話している日常会話が聞き取れるような能力を身につけておくと良いです。

そうすると現地に行ったときに、ネイティブが同じ事柄を述べるのにどのようなバリエーションを持っているのか、自分と相手の表現の仕方の違いなど、新たな発見があり自分自身の表現力がどんどん上がっていきます。通常、大学から海外の学校に行く場合、英語能力運用試験を受けて、スコアを取得してから入学する大学を決めます。

高スコアを取得できた人ほど、英語の能力が高いと言え、大学で行われる英語での講義に十分付いていけることができます。留学前の学生は、この試験のスコアアップのために英語の勉強に時間を注ぎます。読み書き、リスニング、スピーキングの能力を伸ばすためには、4つの能力を万遍なく伸ばしていくのが大切です。

読んだり聞いたりするインプットだけではアウトプットの能力はなかなか身に付きません。文章を読む時には正しい発音で音読を行ったり、新しい単語を覚えたときにはその単語を使った英作文をするなどして、アウトプットをする工夫をしながら学習を続けると効果的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *