海外で勉強しよう!と決意しても、費用の問題で二の足を踏んでしまう人も多いのではないでしょうか。

お金に関することでは、私費で行く場合と、奨学金で留学する二つの方法があります。私は奨学金を得て海外で学んだので、海外留学奨学金について書きたいと思います。奨学金と一口に言っても様々ありますが、今回の話では、返済しなければならない学生ローンのことではなく、返済の義務のないものを指しています。

奨学金には、国がお金を出してくれる国費留学、学校が留学する生徒を支援する学内奨学金、現地の国や機関が留学生に対して行う援助、企業が提供する助成など色々とあります。お金はないけれど海外で勉強したい人は、とりあえずその国の奨学金の情報を集め、日本と現地の支援機関に片っ端から応募しましょう。多くの応募先では、現地の大学での受け入れ先を明示するように求めます。つまり、奨学金に応募する前に、勉強したい大学とコンタクトを取り、受け入れ許可証を得ていなければいけません。

受け入れを許可されるには、語学のレベルがある一定まで達していないと難しい場合がありますので(あるいは受け入れ許可後、就学前までに中級以上の語学資格が義務付けられることもあります。確認しておきましょう)、語学勉強はしっかりとやっておいて損はありません。これらの条件をクリアすれば、あとは応募するだけです。書類の不備をなくし、面接では、自分がどれだけ情熱を持っているかアピールしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *