海外留学はある意味、日本では経験できないような困難に遭遇するために行くようなもので、語学だけでなく対人関係や社会性を有無を言わさず学ぶ状況におかれます。

ホームステイをするということはきれいごとではなく、他人の家の飯を食うということであり、何から何まで親にやってもらうことの多い世代の日本人にとっては、困難の連続となることもあるです。気持ちの良くない環境というのは、人は誰しも望まないですから、自分から環境をよくしようと働きかけるようになります。

自分がハッピーになりたければ、相手や環境をかえるよりも、自分から変わっていたほうが早いということが経験から自ずとわかるようになるのです。留学生活をする中で、当人たちは初めて何とか自分で解決しないといけないことに気づき、ひとつひとつ困難を乗り越える中で自分の力で生きていく自信を培っていきます。人間が成長する手段として世の中には様々なものがありますが、海外留学はとても有効な手段の一つです。

また、海外の高校への留学をする学生は年々増え続けており、子供の親の世代が自身も留学や海外滞在の経験がある場合も珍しくはなくなっており、子供が海外へ行くことに抵抗がない傾向にあります。ですが、一般の高校進学に比べれば特別なケースであることは間違いなく、日本では法的にも親の保護下にありますので、準備の段階からどのように子供と関わっていくかが、成否を分けることになるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *