海外留学を控えて、日本にいながらでも自分の英語力に磨きをかけることはできます。

海外留学をするのは、高校生、大学生、社会人が主で、学校生活や仕事の合間を縫って留学準備をすることになります。英語のリスニングを上達させるには、長時間英語を聞いて耳が慣れさせて英語を英語のままに理解できるようになることが大切です。リスニングの勉強は耳が空いているときにできるので、通勤・通学の電車、車の中で練習することができます。

ただ聞き流すのではなく、理解しながら集中して聞くことが重要です。スピードが速く聞き取れないと感じた場合は、再生速度を遅くして十分聞き取れる速度で聞き始め、慣れたら速度を早くすると、内容がスムーズに聞き取れるようになります。現地のネイティブには相手のためにゆっくり話してくれる人だけでなく、早いまま話すので、ネイティブスピードに慣れておく練習をしておきます。

海外留学前に、多くの単語を覚えておくと、リーディングやライティングの時に役立ちます。海外で生活をし始めると、会話しながらその場で辞書を引くということは難しいので、単語を覚えておくのは損ではありません。学業や仕事の覚えられる単語の数には限度があるため、文章や会話の中で知らない単語に出会ったら、意味を類推する力を身に着けておくと重要です。

これは、日常の日本語の文章を読んだり聞いたりしている中でも自然と行っていることです。これを英語でもできるようにすると、留学先でのレッスンや課題に時間を掛け過ぎることなく取り組むことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *