海外留学でまず悩むのが、どこに行くかということだと思います。

ここではカナダの最大の都市であるトロントの特徴についてご紹介いたします。カナディアンロッキーやナイアガラの滝などが雄大な自然が有名なカナダは、日本の約27倍の広さの国土(世界第2位)を所有しており、人口は日本の約4分1にあたります。

公用語は英語とフランス語です。カナダの英語は、イギリスとアメリカの中間に位置するアクセントを備え、方言もほとんどなので、外国語としての英語の習得を目指す学生は、適した場所と言えるでしょう。

治安は、原則的に銃の個人所持は認められておらず、犯罪も少なく基本的に安全です。多民族主義の社会政策をとっているため、お互いの民族を尊重する精神があり、大変居心地のよい国と言えます。その中でトロントは人口は500万人を超え、最も多国籍・他民族・多言語な都市だと言われています。

トロントの学習環境としては、世界中から学生が集まっているため大学・カレッジだけでなく語学学校や専門学校も非常に多く存在し、海外の学生が多く学んでいます。語学学校・専門学校だけで100校を超えると言われています。

他民族・多国籍という環境とはいえ、留学生の人口密度は非常に低く、語学学校を出れば、日本人はおろか留学生とすれ違うことも少ないでしょう。その点は、西海岸の都市と比べ、英語学習に適した場所と言えるでしょう。

気候に関しては、冬は平均温度でマイナスとなり非常に寒いですが、春~秋は非常に快適に過ごせるでしょう。最後に、トロントの最大の魅力は、「周囲と異なる事が当たり前」という文化だと思います。「周囲と異なる事が異端」と見る日本とは正反対のマルチカルチャーに触れる事で新しい世界観を見つけることができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *