英語を学ぶために、毎年多くの日本人が海外に留学します。

行き先は、英語を母国語としているアメリカやイギリスが多いですが、近年はカナダなども注目を集めています。その理由は、カナダは以前イギリスの植民地だったため、公用語の1つが英語だからです。

イギリスの英語は正しい発音と文法だと言われていますが、カナダでもイギリスで学べるようなクリアな英語を学ぶことができます。カナダは住みやすい環境として世界的にも人気がある理由としては、治安の良さなど暮らしやすさがあげられます。

さらに留学先として望ましいとされるのは、教育環境が充実しているからです。英語を学ぶための学生が多いので、語学学校が充実しており、レベルにあった授業を受けることができます。語学学校に通うときは、寮に入って生活することもできますが、ホームステイ制度も導入されています。

そして語学留学で英語を取得したら、短大や大学、専門学校にも通って、専門的な知識を付けることができます。ホテル業や旅行、ビジネスに関する英語を学ぶので、カナダに残って仕事に就くこともできますし、日本に帰国しても身に着けた英語を生かして就職に生かすことができます。

また、学生だけでなく社会人として働いていた人が英語を勉強したいときは、ワーキングホリデーを利用することができます。最長1年の間で、現地で働きながら英語を学ぶシステムになっています。働きながらなので学費の心配をする必要なく、さらに英語に囲まれて働くので、英語の上達が早くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *