アメリカの大学で勉強したい、と思った時、ごく一般的に考えるのが1年生からの入学です。

日本の大学に入学する時はその方法しかないのですから、そう考えるのが当たり前ですが、アメリカの大学に入る場合はちょっと変わった入学のしかたがあります。留学相談所などに行けば教えてもらえますが、自分では思いつかないのが、自分が日本の大学で取った単位をアメリカの大学に移せる、ということです。

日本の大学を卒業してから働いてお金を貯め、そしてアメリカの大学に留学するという人は、この方法で滞在期間を短くし、費用を節約出来る可能性があります。日本での専攻とアメリカで専攻したいものが違っても、一般教養で取った単位を移せる場合が殆どです。もし日本の大学を卒業しているのでしたら、必ず成績証明を発行してもらっておきましょう。

移せる単位の数によりますが、4年のうち、1、2年は留学を短縮出来るかもしれません。また、アメリカの大学に4年も通う資金がない、と思っている人もいると思います。そんな人にオススメなのが、希望の大学から近い場所にある、コミュニティカレッジに入学する方法です。コミュニティカレッジとは、地域大学で、日本の短大のような学校です。

普通の学生も多くいますが、地域の人たちが好きなクラスを取りに来ているので、カルチャーセンターの役割も担っています。ここで希望する大学に移すことが出来る単位を出来るだけ取ってしまうのです。普通の大学と比べると、コミュニティカレッジでは学費が遥かに安く済みます。この方法は留学生だけでなく、現地のアメリカ人も普通に行なっている学費節約方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *