留学の際にはどうしてもまとまった費用が必要になる者ですが、中にはそうした費用を工面するため金融機関などから借りるといった人がいます。

もちろんそれで費用が用意できるのであれば良いのですが、実はこうした形で費用を工面するのはあまりお勧めできない方法です。ではそれはどうしてなのかというと、簡単に言ってしまえばどこから借りるのであろうとそれは借金であるからです。奨学金などの名前だと借金をしているというイメージが薄れてしまうのですが、実際にはこれから何年もかけて働いて返していかなくてはならない借金であることに変わりはありません。

これは銀行や消費者金融などから借りた場合でも当然同じことが言えますし、何より借金は返済に際して必ず利息が発生します。利息が発生すれば自分は借りた際の金額よりも多くのお金を返済していかなくてはならないことになりますので、最終的な負担は大きくなってしまうわけです。

こうしたことを考えると、留学に関連する費用はなるべく自分で用意するか、利息がかからない親族からの借金などで工面をするのがベストと言えます。特に最近の社会は大学を出ても就職できないと言われるような社会になっており、また若年者を使いつぶすブラック企業の問題もあり、大学を卒業した人が奨学金を返済できずに債務整理を考えるといった問題が全国で発生しています。

こうした社会問題が即座に解決することはありませんから、留学の際の費用はなるべく自分で調達し、借金に頼るのは最後の手段とするようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *