アメリカに留学をすることになったら、アメリカの物価も気になります。

基本的には日本の物価と、そんなに大きな変わりようはないです。アメリカはなんでもビッグサイズですので、飲料や食料品を購入するにしても、普通にスーパーを利用しても、気軽にファストフードで買っても、かなりの大容量です。ですから留学先で手軽で安価な食べ物を買うなら、日本よりも倍ほど安いとも言えます。

しかしアメリカは広いですから、土地の高いエリアの、ニューヨークやラスベガスなどでは、日本と同じように家賃が高いです。大都市のエリアであれば、アメリカ人であっても、住まいはルームシェアを利用している人は多いです。アメリカでの留学生活で気を付けたいのは、日本にはあまりないチップ文化です。

アメリカでは、どこのレストランに入るにしても、担当になったウェイターに、いくらかのチップを渡すことになります。僅かな金額でいいのですが、外食ではチップを渡すことを覚えておいたほうがいいです。

アメリカでアルバイトをした時、時給はどれくらいかも気にはなるでしょう。アルバイトの最低賃金は州によって異なるものの。相場は7ドルから10ドルくらいです。レストランでバイトをするなら、アメリカはチップをもらえますので、調子が良いとバイト代よりもチップで稼げることもあるあたり、さすが自由の国のアメリカです。学生ビザだけでは、ナイトできる場所や時間には限りがあるために、注意をする必要はあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *