海外への留学を、若者に勧める人は大勢います。

特に、グローバルに活躍する人の多くが同様の経験を持ち、その優位性を強調しています。では、海外留学が推奨される理由な何なのか、それを具体的に紐解いていきます。まず、海外留学で得られる最大のメリットは、語学の習得に最も適した環境を手に入れられることです。

語学の習得には、様々な方法があり、日本に居ても勉強をすることは可能です。しかし、日本に滞在している場合には、常に習得したい言語に触れることは不可能であり、日常生活を通しての勉強ができません。一方、海外に滞在している場合では、24時間語学に触れることができるため、机の上の勉強だけでなく、より自然な語学を会得することができるようになります。さらに、海外留学では、視野を広くでき、なお且つ、世界観や人生観をも変化させることができます。

日本は島国であり、多様な民族が共存している場所ではありません。よって、価値観や考え方にバリエーションが少なく、幅広い視野を有することが難しくなります。そのため、海外で生活する経験をすると、様々な異文化や異なる価値観に接触することができ、より柔軟な思考を持つことが可能になります。そして、その他のメリットと言えば、コミュニケーションスキルが磨かれることです。

日本では、自己主張や自己の考えを積極的にアピールする姿勢は、好まれない傾向にあります。ですが、海外では自己アピールは重要なことであり、それなしでは誰からも認められない人間になってしまいます。こうした経験から、グローバル人材になるためのスキルを手に入れることができ、高いコミュニケーションスキルも手に入れられるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *