子どもには国際社会で通用する語学力を身に着けてほしいと願う人も多いのではないでしょうか。

そのため、幼稚園の頃から英会話教室に通わせたり、オンラインレッスンを受けさせている家庭もたくさんあります。しかし、日本に暮らしながら週に数時間レッスンを受けても、なかなか英語を話せるようにはなりません。生きた英語を身に着けるためには、留学して現地で暮らすは良い方法です。しかし、まだ子どもが幼いから留学は無理と思っていませんか。実は今、親が子どもと一緒に留学する、親子留学が注目を浴びています。親子留学であれば、親がそばにいてくれるため、子どもは萎縮せず安心して新しい環境に入っていくことができます。

思考が柔軟で、適応力が高いこの時期だからこそ、留学によって吸収できることはたくさんあります。親子留学にはいろいろなやり方がありますが、子どもは現地の幼稚園や小学校、もしくは語学学校に通い、親も語学学校に通って学ぶケースが一般的です。子どもだけでなく親も現地で英語を学んで習得することで、帰国後もお互いにブラッシュアップできるなどのメリットがあります。

留学期間は家庭によってさまざまで、1年を超える長期にわたって留学しているケースもありますが、春休みや夏休みを利用して1週間~1カ月程度留学するケースが主流です。幼稚園や小学校低学年のうちは短期留学で海外生活に慣れ、もう少し成長してから長期留学にチャレンジする場合もあります。親子留学する場合、英語が堪能であれば、自力で現地の学校に連絡を取ることも可能ですが、通常は留学エージェントに頼むことになります。しかしエージェントによって得意とする留学スタイルは異なります。必ず複数のエージェントを訪れて相談し、実績豊富でフォロー体制も整っている、信頼できる企業を選ぶようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *